×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

作業の流れ

耐震診断

耐震診断のおおまかな流れについて

耐震診断の流れ

耐震診断の流れを簡潔にいうと、まず予備調査があります。それから耐震診断へと移ります。

 

予備調査というのは、建築時期や履歴、建物の使用状況をみて、いざ現地調査へ移った際に必要な情報を把握しておくというものです。

 

なので建築物の場所や用途といった基本的なことから、建物の構造や規模、特徴、外壁、土地の地形や地盤の状況確認などがそれにあたります。

 

それによって見合った診断手法を選定し、かかる費用や期間を算定します。

 

材料強度から断面寸法、変形やコンクリートの異常の有無などを確認し、構造耐震指標の算定へとつながります。

 

また床、柱、壁から仕上げ材、避難路などなどの耐震性、建物内部の設備機器の地震が起きた際の脱落や転倒、動いたりしないかをチェックします。