×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

耐震診断基準

耐震診断

耐震設計住宅の仕組みを知って理想の住宅、建物を。

耐震設計住宅は耐震診断基準にもとづく?

耐震設計の住宅は阪神の大地震の後に注目され、需要が伸びました。それに伴い技術や性能に関してもどんどん改善改良されてきたのです。

 

様々な住宅メーカーがそれぞれの特色を持って、耐震住宅ということをアピールしています。

 

さて地震に強い住宅の仕組みというのは、地震の衝撃をどれくらい外に開放する能力があるかです。

 

ビルなんかではご存知の方もいるかもしれませんが、地震があった時に硬いビルはポキッと折れてしまいます。それで柔らかくしなるような設計をすることで、衝撃を和らげたのですね。

 

その考えは通常の建築物にも採用されています。骨格の中に緩衝材を入れ込んだりしています。

 

柔らかいということでしょうか。地震による倒壊を免れやすいと一部で言われる木造建築です。ただ火災には弱い欠点もあります。

 

建築の構造や材料・材質、緩衝材、それぞれ長所もあれば短所もあります。

 

それらを加味した上で理想の安心できる建築にしたいものです。